つみたてNISAの基本

【FPが解説】つみたてNISA vs 新NISA|今から始める人はどっち?

「つみたてNISA」とを始めるべき?それとも「新NISA」まで待つべき?

このような、NISA制度の利用を検討中の方の疑問にお答えします。

著者

ファイナンシャルプランナーの私が、「つみたてNISA」と「新NISA」制度の概要を分かりやすく解説し、比較した内容になっています。

「つみたてNISA」と「新NISA」どっちを利用しようか迷っている人の参考になる記事になっています。

新NISAとは

概要

新NISAは2024年から一般NISAに変わって始まる非課税制度です。

すでに一般NISAを利用している人も2024年以降は新NISAへの移行されます。

一般NISAからの主な変更点は2つあります。

①年間投資額の増額

年間の投資枠は一般NISAが120万でしたが、新NISAは122万円となり2万増えます。

②投資方法が積立と一括の併用になる

一般NISAの投資方法は一括のみでしたが、新NISAは積立と一括を併用する投資になります。年間122万円の投資額の内、積立による投資が20万、一括による投資が102万円です。

また、積立による投資(全額ではない)を利用しないと、一括の投資を利用できない制度になっています。

要するに新NISAは、つみたてNISAと一般NISAが混合した制度ということです。

つみたてNISAとは

つみたてNISAは積立による投資を前提に、年間40万の投資額について20年間非課税になる制度です。

つみたてNISAも制度の見直しによって、投資可能期間が2042年までに延長されました。

それにより2023年までに開始すれば、20年間の利用が可能になりました。

新NISAとつみたてNISAの比較

非課税期間が「5年」と「20年」

まず大きな違いとしては非課税期間が新NISAが5年、つみたてNISAが20年という点です。新NISAは5年という比較的短い期間で、つみたてNISAは20年という中・長期間で運用することを目的としていることがわかります。

投資方法が「積立と一括」と「積立のみ」

次に投資方法ですが、新NISAは積立と一括による投資を併用するようになっています。一方つみたてNISAは、積立による投資のみです。

これらの違いから言えることは、新NISAは投資経験者、つみたてNISAは投資初心者に向けた制度だということです。

【結論】投資初心者には「つみたてNISA」がオススメ

投資初心者の人が今から始めるなら、つみたてNISAをオススメします。

理由は3つあります。

①非課税期間が20年と長期である

1つ目の理由は、つみたてNISAの非課税期間が20年という長期間であることです。そもそもNISA制度は、投資の利益に税金がかからない制度ですかから、利益が出ないと意味がありません。投資期間中に利益がもっとも出た時点で売却するのが得策ですから、一般NISAや新NISAのように5年間では短すぎます。

一方でつみたてNISAは20年間ですので、売却のタイミング十分に見計って検討する猶予があります。

②対象商品が投資信託に限られる

2つ目の理由は、つみたてNISAの対象商品が投資信託に限られるという点です。投資信託は、金融商品の中でもリスクが低い商品です。1つの企業の株式を購入することに比べ、1つの国や全世界の株式を購入できるのが投資信託です。

投資先を分散させることで、リスクを抑えること可能になるのが投資信託の魅力です。

また投資信託は5,800本以上の種類があるのですが、つみたてNISAの対象は金融庁が安全面やコストを考慮した199本に絞られます。
投資初心者でも商品を決めやすい点が、つみたてNISAの魅力でもあります。

③すぐに始められる

新NISAは2024年スタートですので、少なくとも2年間は待つ必要があります。投資は早いうちから長く続けたほうが複利のメリットを効果的に享受することができます。

そして新NISAはかなり複雑です。正直私でも完璧に理解して上手に使いこなすのは難儀です。一方でつみたてNISAは、自分で理解して制度を利用できるので、十分に制度を使いこなすことができるでしょう。

投資はきちんと理解した上で始めることが重要です。

サイト利用時の注意点

①掲載内容及びデータは信頼できる公開情報等に基づいて作成したものですが、確実性を必ずしも保証するものではありません。

②当サイトは個人の見解であり、所属あるいは特定の組織の見解ではありません。

③当サイトは情報提供を目的としており、金融商品・金融サービス等の勧誘を目的としたものではありません。よって利用者にいかなる損害おきが生じましても、当サイトの管理者及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。

④投資に関わる最終判断はくれぐれも自身の判断で行っていただきますよう、お願い申し上げます。